自費出版とは

自費出版とは、個人で費用を出して本を出版することをいいます。それに対して出版社が負担して本を制作して広告を出してくれるのを商業出版といいます。自費出版で多いのは自分史や会社の歴史や趣味の本などがあります。特定の人たちを対象に本をつくることが自費出版の特徴です。自費出版の場合は、商業出版のように印税が入らないことと書店に並べてもらうことが難しいといったことがあげられます。また、自費出版とは言わず、協力出版、共同出版と呼ばれることもあります。自費出版の場合「本を出してもらえるならどこでも」ではなく、よく出版社を選んで双方にメリットがあるようにしなくてはいけません。

コメント

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています