原稿を読み直すことの重要性

原稿はとにかく自分のペースで次々と書いてみましょう。

適当な量の文章を書いてみたら一度読み直してみましょう。読み返してみると修正箇所が結構出てくるものです。

言葉の使い方の違いや文字の変換ミス、また読者からみてよく意味が分かりにくい文を見つけるためにも手を抜けないところでもあります。集中して書いているときは気づけないのですが、繰り返し同じことを書いている、またはひとつの文章や段落一つの長さが長すぎることを見つけ出すこともよくあるのです。

最初は大胆に切ってしまい、そのあと細かいところをトリミングしていくのですが、何度トリミングをしてもその度に修正するところが見つかるものです。

最初に書き上げた文章のページ数がかなり多めでも、見直しや修正を繰り返していくうちにカットされるので、量的にも落ち着いてくるかと思います。

一冊の本の中で何度も同じことを述べていると読者は飽き飽きしてしまうものなので十分に気を付けて読み直してみましょう。

しかし、著者がここぞと訴えたいことや、どうしても読者に伝えたいことは、しっかりと書かなければなりません。何度も同じことを述べないということに矛盾するように思いますが、たった一回の訴えでは読者に伝えたい内容の印象が薄くなってしまう可能性があります。そこで、違和感を持たせないような書き方やセリフを工夫して読者に語りかけてみてください。

読者へと強く訴えたいことは、読者の興味をひく言葉や、具体的に分かりやすい言葉で表現しながら繰り返し書いてみる方法もあります。

原稿の仕上げとともに、章をもっと細分することを必要とされることもありますが、読者の気持ちになって書くことを意識してみてください。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています