ネットの活用は販売のカギ

なんども繰り返してきたように、自費出版するという事は、無名の著者が自力で出版界に名乗りをあげるという事であり、自身の思想や感動をどれだけ確実に本にできていたとしても、どんなに良い本だとしても、必ず売れるというわけではないと言えるでしょう。主張することではなく、おもてなしするということが重要視されると言えるのではないでしょうか。広く大きく不特定多数への呼びかけではなく、ひとりひとりを大切に読み聞かせるといったようなことが、本の内容にも販売方法にも求められていると言えるのではないでしょうか。自費出版者の一番の困難は、この「無名」であることと言っても過言ではないでしょう。ビジネス書や自己啓発書などの一部ジャンルを除いて、この「無名」の本は、なかなか手にしてもらえないことがほとんどであると言えるでしょう。どんなに良い本であったとしても、手に取って読んでもらえなければ評価すらしてもらえないのが現実でしょう。そのため、以前までの自費出版者は、莫大な金額を投じて宣伝を行っていたそうです。しかし、近年の場合、インターネットの普及により、著書の努力次第でお金のかからない宣伝活動が可能となってきたと言えるでしょう。また、逆に言えば、このインターネットの活用次第で本は売れるということが言えるのではないでしょうか。もともとブログをやっている著書ならば、引き続き読者を獲得する努力を続けながら、そこでの宣伝を欠かさずに行って行くことが、一冊でも多く販売するための秘訣となっって来るのではないでしょうか。未知のものは、可能性の塊であるということをインターネットユーザーは知っていることも利用できるポイントであると言えるでしょう。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています