印刷の進化と芸術文化の発展

ルネサンス時代の印刷技術

印刷技術の進化は、芸術文化の進化へとつな がっていきます。 ヨーロッパでバロック音楽が全盛だった時代は、楽譜などの印刷出版の技術も望まれていました。
楽譜の印刷にあたっては、それまでの活版印刷技術で はなかなか難しい状況にあったことから、 平版印刷が生まれてきたのです。
平版印刷は、1796年にドイツのセネフィルダーが 石版印刷を発明したのが始まりですが、その後セネフィ ルダ ーは 1817年に、それまでの重たい石版から亜鉛 版を版材として使うことに成功して、技術が確立しまし た。
セネ フィルダ ーは、もと もとはケ ルハイム産の石灰石 を使って楽譜の印刷用に凸版や凹版を試す実験をしていました。その過程で、石灰石が多孔質で水分を保持する性質で、脂肪を吸着することに気づき、脂肪性インキで字を書いて湿し水で湿して製版する方法を考えました。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています